FXするなら金をくれ|投資貧乏の独り言

警備会社に注目

子どもの安全が社会問題化する中、警備会社が今注目されています。
学校では、防犯カメラの設置などハード面での防犯対策は進んでいましたが、最近では、ソフト面としての防犯教育が注目されはじめました。

そこで、警備会社の出番が増え、大手警備会社 綜合警備保障では、子どもたちに防犯を意識してもらい、学校の先生方に防犯教育のノウハウを提供するために、全国の小学校で「ALSOKあんしん教室」を無償で開催しています。

近頃は昼夜問わず、物騒な事件が増えてきて子供達は防犯ブザーを所持するのが当たり前の時代。子供とはいえ防犯についての知識を持たなくては危険を避けられない時代になっているということで、今後益々警備会社のニーズが高くなると予想されます。

たくさんの警備会社の中でも、サービスが充実していたり評判がいい優良警備会社の株価は今後期待してもよいのではないでしょうか。チェックしておく価値はあるかもしれません。

外貨投資のリスク回避

ナンピン買いはNG
相場が思いもしない方に動き出したら? 為替相場は生き物といわれています。予想が外れて逆方向に動き出したとき、買い増しして反転したときの差益によって、買いの平均価格を平均化しようとすることを「ナンピン買い」といいます。もし、そのまま反転せずに、ずるずると下落していったらどうなるでしょう?言わずと知れていますね。ナンピン買いは、FXではタブーです。
ロスカット設定を忘れずに
FX会社によって異なりますが、証拠金維持率が決められた水準(通常20%~30%)を割り込んだ場合、投資家の意思に関係なく、強制的に反対売買を行って決済するというシステムを「ロスカット」といいます。投資家は、あらかじめそのラインを決めておき、損失をできるだけ抑えるために、売買時に損切りの設定を行っておくのが賢いトレード方法です。

HOME > 警備会社に注目